BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.10 (Fri)

ブログ小説 妙なこと第十六話 (5)

美津子は駅のいつもの場所に行ったのです。
するとすぐに義雄が乗り込んできたのでした。

「きょう残業なかったんですねっ!!?」
「電話してくれればいいのに!?」
「さっき修二が、先にお風呂入りましたよー!?」
と美津子が言うと、
「そうかあー!?」
「じゃー!?着いたら俺もすぐ入るよー!?」
と義雄が答えたのです。

それからふたりは、じきに家に戻って来たのでした。
「ただいまー!?」「ただいまー!?」
と義雄と美津子が続けて言ったのです。すると、
修二が玄関へと来たのでした。

「おかえりー!?」
「お父さん!?どうしたの!??」
「朝歩いて行ったんでしょ!?」
と修二が言うと、
「お父さん!傘会社に忘れたんですって!!?」
と美津子が少し笑って言ったのでした。

「会社出るときは雨が上がってたんで!!?」
「すっかり忘れてたんだ!?」
「駅に着いたらみんな傘を持っているんで!?」
「気がついたんだけど戻るのも面倒くさいから!?」
「そのまま来てしまったんだー!?」
と義雄がそう言いながら、靴を脱ぎ終えると、
「じゃあー!?先に風呂へ入るから!?」
と言うと、夫婦の部屋へと向かった義雄でした。

そして修二と美津子は食堂に戻ると、夕飯を食べ始めたのです。
「しゅうじー!?エビばかり食べてないでしょうねえー!??」
と言うと、
「分かってるよー!?」
「でもきょうのホタテは小さいねえー!??」
と修二が言い、
「売り出しで、ベビーホタテっていうのを売ってたんで!?」
「買ってきたのよー!?」
「どう!?味は!??」
と美津子が言ったのでした。

「味は同じだよー!?たぶん!!??」
「でも食べ応えがないよー!?小さいから!?」
と笑いながら修二は、ベビーホタテを食べたのでした。

しばらくすると、義雄が着替えを持ち風呂場へ行き、
風呂へと入ったのでした。
「お父さん!?お湯加減はどうですか!??」
と美津子が洗面所から訊くと、
「ちょうどいい湯加減だー!?」
と義雄が答えたのでした。

それを聞いた美津子が、
「きょうはお鍋なんですけど!?」
「ビールにします?それともお酒にしますか?」
と言うと、
「鍋かー!?じゃーきょうは少し冷えるから!?」
「ぬる燗にしてくれるかなあー!?お母さん!!??」
と義雄が言ったのでした。

美津子は、「分かりました!!?」と答えると、
急いで台所へ戻り、燗つけ器に酒を入れると、
ぬる燗のところにセットしたのでした。
それからフライパンにベビーホタテを入れ、
塩・コショウし、バターで炒めたのでした。

「修ちゃん!?ちょっと味見てくれるー!?」
と美津子が言うと、
うれしそうに「うん!!?」と言って、
ベビーホタテを1つ入れた小皿を、受け取ったのでした。

「あっ!」
「こりゃー!?バター炒めのほうがおいしいねっ!!?」
と言って、うまそうに食べた修二でした。そして、
「お父さんに後(あと)でもらおう!!?」
そう言うと小皿を流しに置き、
「ごちそうさん!!?」と言ったのでした。

「そんなにバター炒めのほうがおいしい!??」
と美津子は言うと、
炒めたベビーホタテをフライパンに1つ残し、
レタスといっしょに皿に盛ったのでした。
義雄の席の前に皿を置くと、
すぐにフライパンに残っているホタテを箸でつまみ、食べたのでした。

「ホント!!?」
「おいしいわねえー!?」
とうれしそうに言ったのでした。
すると義雄が風呂から出てきたのです。
そしてテーブルの席に着いたのでした。

それから三人は、楽しく会話をしながら夕飯を済ませたのでした。
義雄は居間に行き、テレビのスイッチをつけたのです。
修二は親友の健介に電話を掛けるので、自分の部屋へと行ったのでした。
そして美津子が夕飯の方付けを台所でしていると、電話が鳴ったのです。

「美加からかしら!?」
と言うと美津子は流しに掛けてあるタオルで手を拭き、
エプロンをはずし自分のイスに掛けると、電話口まで行ったのでした。

お知らせ
つづきを表示やブラウザの戻るボタン
クリック
(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの下の枠に
メッセージが流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

あしたかあさってにつづく。(予定?!)
たぶん??
時間です。終わり。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十六話 ベビーホタテ ぬる燗 バター炒め

23:14  |  ブログ小説 妙なこと 第十六話  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年10月11日(土) 17:19 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/tb.php/725-ef9a9a4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。