BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.23 (Wed)

小説 明日のことは過去のこと (3の27)

神はナアムとの交代の時間がきたので、設計室から医療室に戻ってきました。
「ご苦労さま!。」「交代の時間です!。」
そう神が言うと、
「はい!。今まででは、異常は見つかりませんでした。」
「ではよろしくお願いします!。」
そうナアムは言うと、会釈をしました。
神も会釈をすると、ナアムと交代したのです。

するとすぐに、ハーンが医療室に来ました。
「ふたりとも、ご苦労様です!。」
そう言って、部屋に入って来ました。
「どうですかナアム!。検査のほうは?!。」
そう訊くと、
「はい!。今までには異常は見つかりませんでした。
順調です!。」
そうナアムは、答えました。

「もう母船のほうに、帰ったと思っていました!。」
ナアムがそう言うと、
「ちょっと、時間割のことで話したいことがあったので、
あなたが交代するまで、待っていたのです!。」
と、ハーンは答えました。そして、
「この先、船団の医療器械が完成したあとの検査も考慮して、
医療任務者として来ている、
船団の医療室の医療長と、副医療長は残って、
検査を憶えてもらおうと思ったのですが、どうでしょう!。」
と、言ったのです。

「はい!。わたしもそれは考えていました!。」
「神から、遺伝子治療の異常が発生した場合の対処法は、
聞いていましたが、実際に起こっていないので、
わたしが実際に何度か経験してから、
彼らに憶えてもらおうと、考えていました!。」
「そうですか?!。しかし今の時間割では、
神の設計のほうが進まないと思います!。」
「設計のことを、考慮しなければいけません!。」
ハーンにそう言われたナアムは、

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 日記 ブログ小説 明日のことは過去のこと 設計室 宇宙船 遺伝子治療 時間割 検査 書き換え 医療器械

22:22  |  ブログ小説 明日のことは過去のこと 第三巻  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.22 (Tue)

小説 明日のことは過去のこと (3の26)

ナアムが最初の検査をするのを見守っていた神は、
少し心配そうでした。
遺伝子の書き換えができたのをナアムが確認すると、
「確認できましたね!。」すぐに神がそう言うと、
「はい!。確認できました!。」と、ナアムが答えたのです。
「ではその調子で続けてください!。」
神はそう、うれしそうに言いました。

ナアムもうれしそうに、「はい!。」と、答えたのです。そして、
「あとは神との打ち合わせどおりに、時間設定をしてありますので、
宇宙船は、自動で地球との往復をおこないます!。」
「何か不具合があったら、
わたしのほうに連絡が来るようになっています!。」と、言ったのです。
医療器械に何か異常があったら、神にすぐ伝えますので!。」
「よろしくお願いします!。」
そうナアムが言うと、
「わかりました。呼ばれないに超したことはありませんが?!。」
「それと、100日以上続けなければならないので、
あの時間割で本当にいいのですか?!。」
と、神が言いました。
「はい!。だいじょうぶです!。よろしくお願いします!。」
そう答えたナアムでした。

その時間割とは、
0時から8時までナアムが検査を行い。
8時から12時まで神が検査を行い。
12時から13時までナアムが検査を行い。
13時から17時まで神が検査を行い。
17時から23時までナアムが検査を行い。
23時から24時(0時)まで神が検査を行うものでした。
神は任務が100日以上に及ぶことであり、
この先、船団の医療器械が完成したあとの検査も考慮して、
ハーンの承諾を得て、医療任務者として来ている、
船団の医療室の医療長と、副医療長は残って、
検査を憶えてもらうことを考えていました。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

タグ : 日記 ブログ小説 明日のことは過去のこと 地球 設計室 宇宙船 遺伝子治療 時間割 検査 医療器械

23:28  |  ブログ小説 明日のことは過去のこと 第三巻  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.21 (Mon)

小説 明日のことは過去のこと (3の25)

神は少し笑みを浮かべ、
「気持ちは大変よくわかります!。」
「限られた人たちしか、そばで地球を見ていないのですから!?。」
「わたしとしては、とにかく予定通りに遺伝子治療ができ、
事故や緊急事態がないように、したいと思っています!。」
「それだけですので、すべてあなた方に人員のことは任せてあるので、
別にそんなに気にしなくてもいいんですよ!。」
ナアムを気づかい、そう言いました。

ハーンが降りたあと、整備長たちはすぐに、
中型宇宙船が格納されるところから、
けが人などを自動搬送する装置を出し、自動搬送の準備をしていました。
ハーンは、神とナアムの話が終わるのを察知すると、
準備を進めていた整備長たちと、その他の任務者全員を、
神の宇宙船の前まで集めたのでした。

「ありがとうございます!。」
「神にそう言っていただいて、少し気が楽になりました!。」
「ではもうそろそろ、全員が集まっていると思いますので、
まいりましょう!。」
「お先にどうぞ!。」ナアムはそう言うと、会釈をしたのです。
「わかりました!。」神はそう言うと会釈をし、
ナアムより先に、宇宙船を降りたのです。

神が降りてハーンの前まで来るとくると、ハーンがお辞儀をしました。
すると全員が一斉にお辞儀をしたのでした。
それを見た神は、同じようにお辞儀をしたのです。
「きょうはありがとうございます!。」
「皆さんのご協力に感謝します!。」
「これから任務が24時間体制になりますが、
体調にじゅうぶん気をつけて、よろしくお願いします!。」
そう言うと、会釈をしたのです。
そして全員が、神に向かって会釈をしました。

「ではこれから準備に取り掛かります!。」
「担当者はそれぞれの配置につき、任務を遂行してください!。」
「ではこれより開始いたします!。」
そうナアムは言うと、右手を高々と上げたのでした。
それを合図に、みんなそれぞれの配置について、動き始めたのです。
「ではこれから地球に行き、打ち合わせどおりに、
遺伝子治療する者たちを連れてきます!。」
ナアムはそう言って、足早に歩いて円盤型宇宙船に乗り込み、
地球に向かったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 日記 ブログ小説 明日のことは過去のこと 地球 自動搬送 宇宙船 遺伝子治療 時間割 整備員 医療器械

23:36  |  ブログ小説 明日のことは過去のこと 第三巻  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.20 (Sun)

小説 明日のことは過去のこと (3の24)

「じつはこれなんです!。」
そう言うとナアムは、資料を二人に見せたのです。
ふたりとも、その資料を見て大笑いをしたのです。
「なんですか?。この任務者の方々の名前は?!。」
そうニコニコしながらアミダーが言うと、
「まったく困ったものです!。」
「30名の任務者は、整備員から出してもらうので、
整備長に任せたら、この様な構成になりました!。」
「船団長も、笑っておられました!。」
そうナアムが苦笑いしながら言ったのです。

ミョウホーもニコニコしながら、
「これじゃあー!。母船の任務者ですね!。」
「まあ気持ちはわかりますが?!。」
「みんな地球をそばで見たかったのでしょう!?。」
宇宙船の中からですが、実際に地球に行けるのですから!。」
と、言いました。
「ほかにも頼みたいこととは、これなんです!。」
「その他の任務者なんですが!。」
そう言って指をさしてナアムは、説明したのです。

「万が一のために医療室から、
2名を確保するよう要請していたのですが、これです!。」
医療任務者確保2名。
医療長1名。副医療長1名。
「食堂に係わる人数として、
6名を確保するよう指示していたのですが、これです!。」
食堂任務者確保6名。
母船総料理長1名。母船副料理長3名。
食料船料理長1名。食料船副料理長1名。

「豪華絢爛たる人たちですね!。」
ミョウホーが笑いながらそう言いました。
「ミョウホー!。笑っている場合ではありません!。」
「アミダーも!。」
「とにかく、あなた方に任せますから、この人たちの交換要員も、
同じように二日たったら、よこしてください!。」
「いいですね!。」
「24時間体制で行わなければなりませんから!。」
そうナアムが言いました。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 日記 ブログ小説 明日のことは過去のこと 地球 宇宙船 遺伝子治療 時間割 整備員 お辞儀 医療器械

23:46  |  ブログ小説 明日のことは過去のこと 第三巻  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.19 (Sat)

小説 明日のことは過去のこと (3の23)

ふたりは、宇宙船に乗り込むと、
神の宇宙船を出発して、母船に戻ってきたのでした。
そして母船に入るとナアムは、船団の整備長に言い、
2機か3機の小型宇宙船を収納でき、
100日ほどの勤務ができる中型宇宙船2機と、
整備員30人の人員を確保をさせたのでした。
すべての宇宙船の整備と、食料の積み込み、医療品の確保など、
ほぼ戦闘準備態勢に近い準備を行いました。

ナアムのところに、この任務に係わるすべての資料が届いたのは、
もうすでに、20時間を過ぎていた頃でした。
その資料を見てナアムは驚いたのです。
そしてハーンに、
「船団長!。信頼して任せたら、こんな資料を持ってきました。」
「まったく、困ったものです!。」
そうあきれた顔で言い、ハーンに資料を見せたのです。

ナアムからその資料を受け取ると、
その資料を見たハーンは、おもわず笑みを浮かべたのです。
「船団長!。それでは、この船団に担当責任を任せる者が、
ほとんどいなくなってしまいます。」
「任務者の変更と、それに伴う時間割を考えなければなりません!。」
「余分な時間がかかってしまいます!。」
そうハーンにナアムは言いました。

資料の人員のところには、こう書かれていました。
整備員人数確保30名。
母船整備長1名。母船副整備長3名。
食料船整備長1名。食料船副整備長2名。
など、各宇宙船の整備長と、副整備長で
すべて構成されていたのです。

そして万が一のために医療室から、
2名を確保するよう要請していたのですが、
医療任務者確保2名。
医療長1名。副医療長1名。
そして、食堂に係わる人数として、
6名を確保するよう指示していたのですが、
そこの資料にはこう書かれていました。
食堂任務者確保6名。
母船総料理長1名。母船副料理長3名。
食料船料理長1名。食料船副料理長1名。


お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

タグ : 日記 ブログ小説 明日のことは過去のこと 時間割 指令室 整備員 会議室 資料 宇宙船 医療室

23:08  |  ブログ小説 明日のことは過去のこと 第三巻  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。