BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'09.23 (Sun)

ケッタイ小説 ふたりの会話 (9)

ブログ小説さんと新しい企画さんが道で出会ったのでした。

「これはこれは、初めまして、ブログ小説といいます。」
「こちらこそ、初めまして、新しい企画といいます。」
「大変のようでしたね!?新しい企画さん!!?」
「はいー!??。ほんとうに疲れました!!?。」

「企画倒れとは、この事を言うのですね!!?」
「わっはっはっ!!?」
「道で出会う人(物。動物など)。案はいっぱい浮かんでくるんですが!??」
「話の最後の”ニコニコしながらその場から、”」
「これが一番困りました!!?」(マジに!!??)

「話を最後に、それに合わせなければならないのでね!!?」
「そうでしょう!?そうでしょう!!??」
「小説と違ってイメージが出てこないんです!!?」
「だいたい設定が無理なんですよー!!??」

「一番最初の主婦の会話は、ホラ話なのでいいんですが!?」
「ホラ話でいっちゃったほうがよかったかもしれませんねえー!?」
「全部ですか?!」
「そうです!。全部!!。」

「いやあー!?それだとネタがそんなにありませんからねえー!?」
「無理だったと思いますよ!?。」
「ネタがないいんじゃあーねー!??」

「そうなんですよー!?」
「ネタがないので、つい寝た!!?」
「わっはっはっ!!?」
「くだらなさすぎるシャレ!!??」

「ウルトラセブンとサザエさんの会話なんですけど!?」
「サザエさんのあわてものの様子がよかったんですが・・・」
「ウルトラセブンの存在感が薄かったんじゃあーないんでしょうか?!。」
「なぜ有名キャラクター路線でいかなかったんですか?!」

「ええー!?著作権のことがよくわからないんで!?」
「クレームきたら困るんで、キャラクターの会話はやめたんです!!?」 
「一つの会話を削除すれば済むんで!!。」
「そうなんですかあー!??」
「新しい企画さんも大変ですねえー!??」

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

スポンサーサイト
23:50  |  ケッタイ小説 ふたりの会話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007'09.22 (Sat)

ケッタイ小説 ふたりの会話 (8)

ふだん海岸近くに暮らしているウミネコさんと
ふだん3食昼寝つきを決め込んでいる猫さんが道で出合ったのでした。

「これはこれはウミネコさん、お久しぶりです!。」
「いやあー!?珍しい方にお会いしました!?。」
「お久しぶりです。猫さん!?」
「こちらこそ、ご無沙汰しています!。」
「お元気ですか?!。」
「はいー!?なんとかやっています!。」

「いいですねえー!?猫さんは!??」
「何がでしょう??!」
「家に帰っても、食事の心配しなくてもいいですからねえー!?」
「わたしなんか、食べるために生きてるようなもんですよー!??」
「まあー!?そのてんは楽させてもらっています!。」

「でもウミネコさんのように新鮮な魚はここ何ヶ月も食べていませんよー!!?」
「取れたての生は、おいしいですからねえー!!??」
「生魚ではなく、生肉でもいいんですが・・・!?」
「お値段のほうが高いんでね、そこまでは言えませんよ!?。」
「実質は居そうろうですから!?。」

「でも最近は、わたしの近所の仲間でも」
「猫をただ”かわいい”から飼えばいいっていう人間や」
「繁殖させて売るのが目的の人間が増えて、困っています!」
「基本的知識を持たない家主がいるんですよー!!?」
「あなたに対して注意する点とはいったいなんでしょう??!。」

「特に家に小さい子供がいる家庭で、多くの問題が起きるんです!?。」
「へえー!??小さい子がいる家庭ですかあー??!」
「それはどういうことでしょう??!」

「小さい子が好きなチョコレートこれが問題なんですー!?」
「小さい子が猫に食べさせちゃうんです!!?」
「えっ!!?チョコレートだめなんですか??!」
「猫に消化できない物質が含まれてるからなんです!!?」
「だから大量に与えたり、長期に与えると」
「腎臓や肝臓に障害が出てくるんです!!?。」

「それは大変です!!?。」
「まだあるんですか?!」
「ええー!!?」

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

23:24  |  ケッタイ小説 ふたりの会話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'09.21 (Fri)

ケッタイ小説 ふたりの会話 (7)

ギターさんとドラムさんが道で出会ったのでした。

「こんにちは!ドラムさん。」
「いつもお世話になっています!。」
「いいえー!?こちらこそギターさんには、お世話になっています!。」
「お元気で何よりです!」

「お互い年を取りましたねえー!?」
「ええ、確かに!?」
「もう息子さんの代(だい)の電気を使うギターが全盛ですねー!?」
「そちらこそ息子さんの電子音源をを使ったものが全盛でしょう!?」

「そうなんですよ!」
「今は隣近所で、騒音公害などといわれますから!?」
「自宅では練習できないんですよー!?」
「それでどうしても、電子音源を使ったものが使われて!?」
「それにわたしの場合は、ギターさんと違って!?」
「場所をとりますから?!!。」

「移動するにも一苦労です!」
「バスドラムなんかけっこう大きいですからねえー!!?」
「それは、大変でしょう!!?」
「でもドラムセットが設置されてれば」
「スティックだけ持ってけば演奏できますから!?」
「ただ演奏だけだったらですけど!!??」

「というものの、お互い慣れたものがやっぱり一番ですからねー!!?」
「そうです!使い慣れたものが一番です!!?」
「まだまだ、息子たちには負けませんよねえー!?」
「そうです!その意気ですよ!!?。」

「ギターさんには親戚が多いですねえー?!?」
「変わった方も現れているそうですねえー!??」
「ギターのくせに、弦がないヤツでしょ!?」
「異端児(いたんじ)ですよ!!?。」

「そうですか?!そんなギターがいたんじ!!?」
「すいませーん!くだらないシャレを言いまして!?」
「いいえー!?慣れてますから!?」
「弦がないギターなんて、げんないですよ!!?」

「むっ??!」
「わっはっはっはっはー!??」

シャレを言って受けなかったギターさんは、
笑ってごまかしたのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

23:55  |  ケッタイ小説 ふたりの会話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007'09.20 (Thu)

ケッタイ小説 ふたりの会話 (6)

小さな亀さんとナメクジさんが道で出会ったのでした。

「いやあー!?亀さん!お久しぶりです。」
「これはどうも、お久しぶりですねえー!?」
「ナメクジさん!?お元気ですか?」
「はい、なんとか暮らしています!。」

「ナメクジさん相変わらず足が遅いですねえー!?」
「えっ??!まさかあなたにそんなこと言われるとは、思いませんでした!。」
「カタツムリに言うのならともかく!!?」
「まあー!?それは、冗談ですけど!!?。」

「話は変わりますが?!。」
「亀さんは長生きなんですねえー!??」
「知りませんでした!。」
「どのくらい長生きするんですか?!。」
「人間は、ツルは千年。亀は万年。って言っているそうですけど??!。」

「そうなんです!?。」
「かってにそんなこと言って!?」
「わたしの遠い親戚の亀でも、長生きするって言っても!??」
「100年とか150年とかいう話は聞きますけど!??」
「万年なんか長生きしませんよ!!。」
「何年の話だけにイヤー(YEAR)まいりました!!?。」

「ほほー!?シャレですか?!。」
「ところで、お互い足が遅いので!?」
「人間どもに”いじめ”られてしまいますねえー!?」
「亀さんは甲羅があるからまだいいですけど!!?。」
「わたしなんか、大変です!!?。」

「そうでした。そうでした!。」
「ナメクジさんは、昼間は隠れていて、夜行動するんでしたね!?」
「夜は暗いから大変でしょう!?」
「まあー、なんとかがんばっていますけど!?」
「塩をかけられたらひとたまりもありません!!。」
「シオだけにしおーがない!なんちゃって!!?」

そうシャレを言って、笑ってごまかすナメクジさんでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

23:58  |  ケッタイ小説 ふたりの会話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'09.19 (Wed)

ケッタイ小説 ふたりの会話 (5)

ドリアンさんと納豆さんが道で出会ったのでした。

「これはこれはドリアンさん!お久しぶりです。」
「はいはい、お久しぶりですねえー!?」
「納豆さん!?お元気ですか?」
「おかげさまで健康です!。」

「お互いとも匂いには、ほとほと困っていますね!?」
「とんでもない!納豆さんのとこでは、」
「最近、匂わない納豆があるそうじゃーないですかあ?!。」
「そうなんです!。すこし高いですけどおー!?」

「わたしのところでも誰か研究して」
「匂わないドリアンを作ってくれませんかねえー!??」
「そうですねえ!?」
「いろいろ品種改良された、くだものができているんですから!??」
「できてもおかしくはないと思うんですけど!!?」

「そうですよねえ!?」
「ドリアンさんは、くだものの王様と呼ばれているそうですから!?」
「わたしも自分でくさいと思いますが!?」
「あなたの匂いは、もっと強烈ですねえー!!?」

「まさか、あなたにまでも、そう言われるとは思いませんでした!!?」
「あなたとわたしとは、くさい仲なのに!!。」

「すいません!つい口がすべって!?。」
「ホテルでは持ち込み禁止のところが多いそうですねえー!??」
「そうなんですよー!!?」
「たくさんの方々に味わっていただきたいのですが?!。」
「味わっていただければ、わたしのよさがわかるんでしょうけど!!?」

「そうですとも!?」
「匂いで敬遠する方が多いと聞いています!。」
「もしよかったら!?」
「匂わない納豆を作った会社に相談に行ったらどうでしょう!?」
「まあー考えときますヨ!?」

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

23:43  |  ケッタイ小説 ふたりの会話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。