BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.20 (Wed)

ブログ小説 雀 鍵(2の10)

「今、本当にいい手だったのにー!?」
と悔しそうに配牌を持ってきた、ミソヤでしたが、
「さーて!?気分を変えてやるかー!??」
「もうこれなら流れないなー!?」
と言うと、白を切ったのでした。

「三元牌流れっていうのはないからなー!?」
「とりあえず、俺も白を切ってみるかー!??」
と言うと、マスターも白を切ったのでした。
「なんだまた同じ牌を切って!??」
とミソヤは、マスターのほうを見たのでした。

「気にすんなよ、みそやー!?」
「お前に合わせて打っているだけだから!?」
と雀鍵は言ってから南を捨て、
「合わせ打ちっていうんだけどなっ!!?」
「”ついてる”相手とか、親とかの同じ牌を切っていくと!?」
「自分の手が少しづつ良くなっていくんだあー!?」
「切る牌を配牌で決めないで、他人が打った牌で打っていくやり方さー!!?」
「マスターは”ついてない”と自覚したからやってるんだよー!??」
と言ったのでした。

「そうかー!??」
「じゃー俺は親だからかなー!??」
とミソヤが言うと、
「何ごちゃごちゃ言ってんだよー!??」
「もう俺切ったぞー!??」
と言ったパゲルでした。

「わりーわりー!?」
と言い、牌を持ってくると、
「ちょっと待ってー!??」
と言ったミソヤでした。
「テンパイだけど!?これじゃーしょうがねーなあー!??」
と言って、三筒を切ってきたのです。

「なんだよー!??」
「はえーじゃねーかよー!!?」
とマスターはびっくりして言うと、すぐ三筒を切ったのでした。
「やべーなー!??」
と雀鍵は言うと、東を切ったのでした。

上がり牌(待ち牌)は何?(答えは最後に!)

            アンカン(暗槓)  ミンカン(明槓)   ミンカン(明槓)
6索7萬7索7萬     伏せ牌5萬5萬伏せ牌     9筒9筒9筒ヨコ9筒     ヨコ3索3索3索3索
上がり牌上がり牌


お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 雀鍵第二章

23:55  |  ブログ小説 雀 鍵 第二章  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.19 (Tue)

ブログ小説 雀 鍵(2の9)

パゲルと目が合ったミソヤが、
「なんだよー!?」
「早く出せよー!!?」
と言うと、
「ポンだろーなー!??」
「ロンじゃないだろーなー?!」
とパゲルが言ったのでした。

「ポンだよーポン!!?」
とミソヤが言うと、
「じゃー!?切るかー!??」
と言ってすぐ東を切ったパゲルでした。

「ごっつぁんです!ポン!!」
と言ってポンすると、
自分が持っている2牌といっしょにし、
うれしそうに右へ並べて置いたミソヤでした。

「なんで2役(ふたやく)食わせるんだよー!??」
とマスターが言うと、
「どうせ切る牌だから、いいじゃんかー!?」
とパゲルが言ったのです。すると、
「俺がせっかく押さえてたのにー!!?」
と言ってマスターが東を見せたのでした。

「安全牌に取っとくかー!??」
と言うと、ほかの牌を切ったマスターでした。
「なんだー!?東切るんじゃーないのかー??!」
「だったら見せんなよー!??」
と笑いながら雀鍵が言ったのでした。

雀鍵は牌を持ってくると、
「なんだ、こりゃー!??」
「これも生牌(しょんぱい)だぞー!??」
「ミソヤー!?中(ちゅん)も食うのかー??!」
とミソヤに訊くと、
「あれば食うけどなっ!?」
と笑って答えたのでした。

「じゃー!?やめとくかー??!」
と言って”中”を手牌に入れ、ほかの牌を切った雀鍵でした。

上がり牌(待ち牌)は何?(答えは最後に!)

                   ポン(明刻)
白5筒3萬撥7筒白2萬撥6筒撥     中中ヨコ中     上がり牌上がり牌



お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 雀鍵第二章 小三元 ダブ東 雀鍵 四風子連打

22:29  |  ブログ小説 雀 鍵 第二章  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.18 (Mon)

ブログ小説 雀 鍵(2の8)

「ヒットシンやらないのかー?!」
雀鍵が言うと、
「あした朝出かけなきゃーならないので!?」
「きょうはこれで帰りますよー!??」
「あーよかった!!?」
九蓮宝燈見れて!!?」
とうれしそうにヒットシンは言ったのです。

「ビリ抜けだなっ!!?」
とパゲルが言うと、
「久しぶりに役マン振り込んだけど!!?」
「まさかそれが九連(ちゅうれん)とはねー!??」
「しかも親だなんてさー!??」
と少しうれしそうに言ったノンでした。

各自が点数を言い、ヒットシンが点数表に記入すると、
ヒットシンとノンは、下へ降りて行ったのでした。
すぐにミソヤが階段を上がって部屋に来たのです。

「なんだよー!?途中、でかい声がしたと思ったら!?」
「九連上がったヤツがいるんだってー!!??」
と、まだ顔が赤いミソヤが言ったのでした。

「少しは酔いがさめたかあー??!」
雀鍵が言うと、
「もうすっかり醒(さ)めてらー!!?」
とミソヤが言ったのです。

「ミソヤー!?」
「味噌でも舐めたほうがシャキッとするんじゃーねーのかー!??」
とマスターが言うと、
「売りもんに、手は出せねーんだよー!!?」
と言ったのです。

「そういえば!?」
「うちのお袋が味噌置いてけって言ってたぞー!!?」
雀鍵が言うと、
「うん!さっき下で買ってもらったからさー!!?」
卸値(おろしね)で売ってんのに!?もっとまけろってさー!!?」
「無理言うんだよー!??」
と笑いながらミソヤが言ったのでした。

上がり牌(待ち牌)は何?(答えは最後に!)

                    ポン(明刻 )
5萬5索7筒5萬9筒5索6筒5萬8筒5索     5筒ヨコ5筒5筒     上がり牌上がり牌



お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 雀鍵第二章 卸値 九蓮宝燈 雀鍵 起家 仮東 仮親 配牌

22:30  |  ブログ小説 雀 鍵 第二章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.17 (Sun)

ブログ小説 雀 鍵(2の7)

雀鍵が持ってきた牌はなんと一萬だったのです。
「こんなのふつう来るかあー??!」
と言って、ヒットシンに牌を見せたのでした。
「へー!?そんなの持ってきますかねー!??」
「でもかえっていいかもしれないですよー!??」
とヒットシンは言ったのです。

「とりあえず撥を切っとくかー!??」
と、とぼけて言った雀鍵でした。
「ごちゃごちゃ言ってないで!?」
「早く切ろよー!!?」
とパゲルが言ったのです。

パゲルは気合を入れて牌を持ってくると、
「あぶねーなあー!?」
と言って、五萬をツモ切ったのでした。
「なんだテンパイかー!??」
雀鍵が言うと、
「うるさいなー!??」
とパゲルが言ったのです。

「わー!?テンパイかー!??」
「つえーわけだー!!?」
「こっちの萬子も切りたいけど!??」
「まーとりあえず、通った五萬を俺も切っとくかー!??」
と言って、持ってきた牌と入れ替えて、
マスターは手牌から五萬を出し、それを切ったのでした。

「なんだよー!?」
「パゲルは筒子の混一色でテンパイで!!?」
雀鍵は、萬子の清一色かあー!??」
「テンパってるのかなあー?!」
「まだ一向聴(いいしゃんてん)なのかなあー??!」
と言って牌を持って来たノンでした。

「ちょっと待ってー!??」
とノンは言うと、
「一応、スジだけど!??」
と言って、二萬を切ったのでした。

上がり牌(待ち牌)は何?(答えは最後に!)

3萬1索5萬3索1索4索6筒5索1索6筒2索4萬6筒     上がり牌上がり牌



お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 雀鍵第二章 雀鍵 半荘 混一色 清一色 一向聴 九蓮宝燈 リーチ ツモ

22:00  |  ブログ小説 雀 鍵 第二章  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.16 (Sat)

ブログ小説 雀 鍵(2の6)

雀鍵の手はいつもと少し様子が違っていたのです。
親のチョンチョンを持ってくると配牌はこんな手でした。
ドラの表示牌は三筒なので、ドラ牌は四筒でした。

雀鍵配牌(親)

3筒5萬西7萬1萬7索1萬9萬撥4萬8萬4筒9萬2索


雀鍵はこの配牌からすぐに二索を切ったのです。
次のツモで發を持ってきたので七索を切ったのでした。
次に九萬を持ってくると、三筒を切り、
次のツモで五筒を持って来たのです。

「ジャンキー!?もったいなかったねー!??」
と後ろで見ていたヒットシンが言うと、
「まあーこういうこともあるわー!!?」
と言って五筒はツモ切りしたのでした。

「なんだあー!?食いたいのかあー??!」
とジャンキーが下家(しもちゃ)のパゲルの様子を見て言うと、
「別にー!??」と言ったのでした。
パゲルが牌を捨てると、マスターがを捨てたのです。
ポン!」とパゲルは言うと、
をうれしそうい手元に持って来たのでした。

ジャンキーは次のツモで、一萬を持ってくると、
ドラの四筒を切ったのでした、
ポン!!」とパゲルがうれしそうに言ったのです。
「よし!ドラ3だっ!!?」と、
顔を引き締め言ったのでした。

上がり牌(待ち牌)は何?(答えは最後に!)

8筒2索6萬3萬8筒5萬4萬6筒5萬8筒2索4筒4萬     上がり牌上がり牌


お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 雀鍵第二章 雀鍵 下家 配牌 ポン 三味 混一色

23:55  |  ブログ小説 雀 鍵 第二章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。