BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.24 (Thu)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^),(8の13)

瑞樹は良太とキャチボールをしたあと、
「このくらいかな!?」
と言うと、良太はしゃがみキャッチャーの格好で座ったのです。
最初はゆっくりと投げ、
「じゃあー!?お姉さんが見本を見せるからね!!?」
と言って、ウインドミルで力強く投げたのでした。

「ほんとだあー!?」
「すげえー!?はえー!!?」
と、あっちゃんが思わず言ったのです。
「ほんとに、いっちゃんが言ってたとおり!?」
「はえーやあー!??」
と、てっちゃんも言ったのでした。

「うそじゃないだろー!?」
「なあー!!?」
と、いっちゃんは得意げに言ったのです。
そしてよっちゃんも、ニコニコしてすごくうれしそうでした。

瑞樹は四人の子供たちを順番で教えることにしたのです。
「じゃあー!?ジャンケンで決めようかー!??」
と瑞樹が言うと、
子供たちはジャンケンをして順番を決め、10球ごと交代で、
瑞樹に教えてもらうことになったのでした。

「お姉さん!?ちょっと質問していいですか?!」
と、いっちゃんが言ったのです。
「なに!?いっちゃん!??」
と瑞樹が言うと、
「ベースまでの距離なんですけど!?」
「ちょっと長いと思うんですけどー!??」
と言ったのでした。

「あっ!?ごめーん!!?」
「小学生だともっと短かったねえー!?」
「2mぐらい短いかなー??!」
そう言うと瑞樹は、大股で二歩前に移動したのです。
それから子供たちに教えた瑞樹でした。

「五時頃には連絡するって言ってたから!?」
「それまで、ちょっと散歩してくるねえー!?」
と慶子が言うと、
「どうぞ!どうぞ!!?」
「いってらっしゃーい!!?」
と良太がニコニコしながら言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^),第八話

23:20  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^), 第八話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.23 (Wed)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^),(8の12)

渋滞もなく、しばらく走ると首都高速を石川町で降りたのです。
そしてじきに車は山下公園まで行き、
この間来た時と同じ、公園側の駐車場に停めたのでした。

「みずきー!?」
「よっちゃんには、なんて電話したんだあー??!」
と良太が言うと、
「2時頃には着けると思うけど!?」
「渋滞したら遅くなるかもしれないからあー!?」
「って言ったからさあー!??」
と瑞樹が言ったのです。

「じゃあー!?」
「この間と同じ場所まで行けばいいなあー!??」
と言うと車を降りたのです。
そしてトランクを開け、
グラブとボールの入ったビニール袋を取り出したのでした。
それから四人は公園のこのあいだの場所へ歩いて行ったのです。
良太と瑞樹はうちの近くの公園で、
ときどき夜キャッチボールをして、練習していたのでした。

「瑞樹はさあー!?」
「もう以前の速さが戻って来たって良太が言ってたけど!?」
「ふたりでときどき練習してたんだよねー!??」
と慶子が言ったのです。

「そうかあー!??」
「瑞樹は二年の時、うちのソフトボール部のエースだったから!?」
「小学生じゃあー!?練習したんなら?」
「打つのは無理かもしれないなあー!??」
と周が言ったのです。

「きょうは、ウインドミルの投げ方を教えに来ただけだから!?」
「試合をやるわけじゃあー!?ないからさあー!??」
と瑞樹が言ったのです。
「そうなんだあー!??」
「俺も小学校の時ソフトボールをやったから!?」
「少しは教えれるかもしれないけど!?」
「練習してないから!?筋肉痛になっちゃうかなあー??!」
と言って笑った周でした。

「無理しない、無理しない!?」
「小学生に笑われるのがおちだよー!??」
と慶子がうれしそうに言ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第八話

23:40  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^), 第八話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.22 (Tue)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^),(8の11)

恩賜箱根公園の駐車場を出発すると、
通ってきた道を戻ったのです。
138号線へ出て、道沿いの桜を見ながら、
乙女峠の乙女トンネルに入ったのでした。
トンネルを抜けると山道を下って行き、
御殿場インターから東名に入ったのです。

「トイレ休憩するでしょ!?」
と慶子が言ったのです。
「ああー!?すぐに足柄サービスエリアだから!?」
「うんこかあー??!」
と良太が言うと、
「りょうたー!?品がないよ!!?」
「おばさんにも言われたじゃんかあー!??」
とすぐ瑞樹が言ったのでした。

するとすぐに良太が、
「ひひーん!!?」と言ったのです。
「ははははっ!!?」
と思わず周が笑ったのでした。
「しゅうー!?笑っちゃあーだめだよー!?」
「良太はすぐ調子に乗るんだからさあー!??」
と瑞樹が言ったのです。

そしてすぐに足柄に到着したのでした。
車を駐車場に止めると、四人は車から降り、
トイレに向かったのです。
いつものように自販機で飲み物を買うと、
瑞樹はお店に入って行ったのでした。

「みずきー!?」
「何か買うのかあー!??」
と良太が言うと、
「うん!?」
「いっちゃんとよっちゃんに!?」
「おみやげを買っていこうと思うんだあー!??」
「何がいいかなあー!??」
と瑞樹が言ったのでした。

「おみやげかあー!?」
「何がいいかなあー!??」
と言って良太が見ていると、
「やっぱり!うなぎパイか信玄餅じゃないかなー!??」
と周が言ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第八章

23:50  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^), 第八話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.21 (Mon)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^),(8の10)

四人はトイレを済ませると、
自販機で飲み物を買い、すぐに出発したのでした。
車はじきに御殿場インターに着いたのです。
インターをおり、国道138号線に出て、
乙女峠を目指したのです。
道沿いの桜は満開でした。
インター近くの桜は、もう散り始めているものもありました。

「ちょうどいいねきっと!箱根の桜は?!」
と瑞樹が言うと、
「この辺(あた)りも結構高いけど!?」
「箱根はもっと高いから!?」
「ちょうどいい頃かもしれないなあー!??」
と周が言ったのでした。

そして車はどんどん登って行き、
乙女トンネルを抜けると、箱根に入ったのでした。
138号線をそのまま走り、仙石原小学校前を過ぎ、
宮城野の早川堤の桜を見るため朝早く出てきたのでした。
駐車場がすぐいっぱいになる、
との情報を得ていたのです。(なんで知ってんの?!)

朝早いにもかかわらず、
すでにもう満車状態でしたが、駐車できたのでした。(めでたし!)

「人がこんなに朝早くから来ているんだねえー!??」
「知り合いの人のためにきっと!!?」(あくまで推測です!?)
「近くの人が駐車場を確保しているんだよー!?」
と瑞樹が言ったのでした。

「かもしれないけど!?」
「よかったなー!?駐車できてさあー!??」
と周が言ったのです。そして、
「ほんとだぜー!?」
「こんなに早く来て、駐車できなかったら!?」
「意味ないじゃんなあー!!?」
と言って、ひと安心の良太でした。

満開の堤防沿いの桜(種類は知らん!)
を四人は車を降り見たのでした。
(注意・・・書き始めた時にすでに満開だったので!?
      もう、ここの桜は散っていると思います。m(_ _)m アジャー!!)

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第八話

23:30  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^), 第八話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.20 (Sun)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^),(8の9)

良太は高速道路の本線に入ると
すぐに3車線の真ん中の道に入ったのです。
厚木(あつぎ)を過ぎ、(春なので薄着(うすぎ)に!くだらん!)
大井松田を過ぎしばらく走ると、
南ルートと北ルートの分かれ道に来たのです。

「前に、東名通った時には、どっちの道行ったんだあー?!」
と良太が言うと、
「どっちでもいいよー!?」
「真ん中行くと柱(はしら)にぶつかっちゃうから!?」
「真ん中はだめだよー!??」
と瑞樹がうれしそうに言ったのです。

「たしかに鉄柱も立っているけど!?」
「真ん中は中央分離帯(ちゅうおうぶんりたい)だろー!??」
と良太が言うと、
「うるさいなあー!??」
「中央分離帯って言葉が浮かんでこなかったんだよー!!?」
「まったくー!?北でいいよー!!?」
と、瑞樹が言ったのでした。

すぐに良太は、北ルートに入ったのでした。
「どっちのルート行っても!?」
「必ずどこかの車に追い越されるんだからさあー!??」
と慶子が言うと、
「少し前からもう来てるよー!??」
と周が後ろを見ながら言ったのです。

「しょうがないだろー!?」
「大人が四人も乗ってるんだからさあー!??」
「アクセル踏んでもスピードが増さないんだからー!?」
とあきらめ顔で良太が言ったのでした。

「良太さあー!??」
「1500と2000ではそんなに違うのかあー??!」
と周が言うと、
「ああー!!」
「こういう山坂と、風のあるときは!?」
「大きいのを欲しいなあー!?と思うよー!!?」
と良太が言ったのです。

そしてさっき周が言ってた車が簡単に、
良太の車を追い越して行ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第八話

23:35  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^), 第八話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。