BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.15 (Thu)

ケッタイ小説 ふたりの会話 2 第一話

ケッタイ小説 ふたりの会話 2 第一話

近所の主婦ふたりが、道で出会ったのでした。
今日はくもり時々晴れ 寒くもなく、暖かくもなく・・・
(くまのすけさんのブログより借用)
ぼくはクマ(♂ネコ)

「奥様!?きょうも中途半端な陽気ですわねえー!!?」
「ほんと!。中途半端な陽気ですわねえー!?」
「このあいだは、ありがとうございました!?。」
「えー?なんでしたっけえー??!」
「イチゴですわよー!?イ。チ。ゴ。」

「あああー!?イチゴねえー!??」
「うちの親戚の者が、イチゴの・・・??」
「えーとー??なんていう名前でしたっけえー!??」

「お、ほっほっほっほっ!!?。」

「奥様!?」
「親戚の方のお名前なんか、わたくし知りませんことよ!??。」
「いいえ!?そうじゃありませんのよー!??」
「イチゴ作ってる人で、一番偉い方のお名前ですのよー!?」
「イチゴ作っている方でですかあ??!。」

「ええー!???」

「く、くみあいちょう(組合長)さんのことですか??!」
「そうです。そうです!。」
「うちの親戚の者が、イチゴの組合長しているんで、送ってきたんですよ!!?」
「へえーそうなんですか!?」
「貴重でお高い物をすいません!?」
「一箱(ひとはこ)でしたけど!!。」

「いいえー!?とんでもない!!?」
「ご近所にお配りしたら、たりなくなったので!」
「もう100箱。送ってもらったんですのよー!!?。」
「今度は、じ。ば。ら。(自腹)で!!。」

「それはたいへんでしたわねえー!!??」
「お金もないのに!!!。」

「いいえー!しょっちゅうそういうことがありますのよー!!?」
「ですから、金庫のお金がすぐ足りなくなるんで!!」
「お隣の土地に銀行を作らせたんですよー!!?」

「えっ!!??いつー??!。」
「このあいだですわよー!?この、あ。い。だ!!。」
「そうですかあー!??それは気がつきませんでしたわ!!??。」
「おほっほっほっほっ!!?。」



「ところで奥様!?うわさで聞いたんですけど!!??」
「このあいだ政府のお役人がお宅に来たんですって??!。」
「何かあったんですか?!」

「ああー!?あのこと!??」
「たいしたことないんですよ!!?」
「熊本城と松本城。ご存知ですわよねえー!??」
「もちろんですわ!!?」
「学生の頃、見学に行きましたものー!?」

「あれなんですけど!!。」
「国のものだということになっているんですけど!!??」
「実はうちの物なんですー!?」

「えっ!??。どういうこと??!。」

「名義を貸してあるんですのー!?」
「いわゆる”名義貸し物件”っていうのかしらねえー!!??」
「わたくしもよくわからないんですけど!!?。」
「先祖代々。うちの物らしいんですよねえー!!??」
「だから!。国宝の担当者が変わるたびに、うちに来るんですよー!!??」
「まったく大変ですわよねえー!??。」
「お役所勤めも!??。」

「へえーそうなんですかあー!??」
「知りませんでしたわー!!??」

「担当者が大変困るので、内密にしてくださいね!!?」
「奥様は、口が堅いっていうので有名なので!!。」
「お話したんですから!!??。」

「わかってますわよー!?」
「絶対しゃべりませんわ!!?。」
「というかあー!?。しゃべれませんわ!!?」
「こんなホラ話!!。」

「あーあ!、おもしろかった!!。」
と、ひとりが言うと、
「ほんと!、おもしろかった!!。」
と、もうひとりが言ったのでした。

そしてふたりの主婦は、
ニコニコしながらその場から、
お互い違う方角に歩いて行ったのでした。

もしもこのふたりが会話したらの物語です。
会話の中に真実が見え隠れしています。


ケッタイ小説 ふたりの会話 2 第一話
と書いてあっても自分のブログ小説”いや!?”
ケッタイ小説のパクリです。
ついでにくまのすけさんのブログから、
半年以上前にわたしのブログへの記述掲載許可を得ていた文章を、
載せました。
(くまのすけさんは忘れているかもしれませんが・・・)

突っ込みを入れてもらうために書いたのですが、
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
と書いてある為か、最初の第一話は誰も入れてくれませんでした。(ブログ)
ホームページちょこっとブログ小説 ケッタイ小説 ふたりの会話 
ガハハハハッ!!

お知らせ
つづきを表示やブラウザの戻るボタン
クリック
(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。


あしたかあさってからは、新しいブログ小説の予定?!。
今度はだいじょうぶかなあー??!(ふあん!??)
時間です。終わり。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ケッタイ小説 ふたりの会話

23:55  |  ケッタイ小説 ふたりの会話 2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。