BGM 

おねがい
曲名 ” 待ちわびて” です 
パネルの再生ボタンを押すとながれます 
曲が流れない場合もあるかもしれません
パソコンにてボリューム調整を!!



この曲は”音楽の部屋”からお借りしました。
すべてオリジナル曲を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.31 (Thu)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^), (6の4)

それから三人を乗せた車はしばらく走ると、
瑞樹のアパートに着いたのでした。
すぐに瑞樹が降りたのです。
慶子と良太は荷物を持って、
瑞樹の部屋まで階段を上って行ったのでした。

「おじさんきょうは遅番(おそばん)だから!?」
「隣のおばさんがいいって!!?」
駐車場201のところだからねっ!??」
と瑞樹が良太に言ったのです。

「わかったー!??」
「じゃー俺!?置いてくるからさー!!?」
と良太は言うと、車に戻ったのです。
そして駐車場に入れてきたのでした。

瑞樹の部屋に着き、ドアを開けようとすると、
開(ひ)らかないのでした。
「なんだよー!??」
「開(あ)かないぞー!??」
と言って良太は、チャイムを鳴らしたのです。

「ちょっと待ってよー!??」
「今着替えてんだからさー!??」
と、瑞樹が言ったのでした。
「何も今着替えなくてもいいじゃねえーかよー!??」
「しょうがねえーなあー?!」
と良太が言ったのです。

しばらく待っていると瑞樹が、ドアを開けたのでした。
「なんだよー!??カッコいいじゃんかあー!??」
と瑞樹の服を見て良太が言ったのでした。
「わたしはー??!」
と言って、奥から慶子が玄関に来たのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第六話 アパート 駐車場 着替え コーヒー 紅茶 富士急ハイランド

23:00  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^) 第六話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.30 (Wed)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^), (6の3)

慶子と瑞樹はパフェパスタのセットを注文したのです。
「良太!?遠慮しないでいいからね!!?」
「好きなの頼みなよー!??」
と瑞樹が言うと、
「良太はたぶんこれ頼むと思うけどね!!??」
と言って、瑞樹にメニューを指して笑った慶子でした。

「だよねー!??」
「私もそう思った!!?」
と瑞樹もうれしそうに言ったのです。
「俺はそうだなあー!??」
「やっぱり!これだなっ!?」
と言って慶子が指さした、デュエットという、
2種類のスパゲッティが楽しめる
おすすめのセットを注文したのでした。

「やっぱりねっ!!?」
「単純でいいわー!??」
と慶子が笑いながら言うと、
「何が単純なんだよー??!」
「けいこー!??」
と良太が言ったのです。

「良太が頼むのをふたりで予想したんだよー!!?」
「予想通りの結果だったから!?」
と瑞樹がニコニコして言ったのでした。
「俺だってよー!?遠慮して頼んでんだからー!??」
「それがわかんないかなあー??!」
「ふたりとも!??」
と良太が笑いながら言ったのです。

「それはどうもありがとさん!!?」
「食べたらすぐ速攻でお店まで行かなくちゃー!?」
と慶子が言うと、
「もう店は決まってるんだあー!??」
「手回しいいじゃんかよー!!?」
と良太がうれしそうに言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第六話 パフェ パスタ スパゲッティ 駐車場 トイレ 109

22:35  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^) 第六話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.29 (Tue)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^), (6の2)

「けいこー!?あたしー!!?」
「もうすぐ着くからアパートの前で待っててー!??」
「うるさいヤツがいるからさー!??」
「うん!じゃあーねー!??」
と言って携帯を切った瑞樹でした。

「なんだよー!?うるさいヤツって!??」
と良太が言うと、
「聞こえたー??!」
「耳いいんだねえー!!?」
と瑞樹がうれしそうに言ったのです。

「あのなあー!?言っとくけど!!?」
「隣でしゃべってたら、誰だって聞こえるよー!??」
「それでなくたって!?お前は声がでかいんだからっ!!?」
と笑いながら良太は言ったのでした。

すぐに慶子が住んでいるアパートが見えたのでした。
アパートの前で慶子が待っていたのです。
慶子の前に車が横付けすると、
瑞樹が助手席の窓を開け、
「ちょうどタイミングよかったみたいねっ!」
とうれしそうに言ったのでした。

「うん!?ちょうどよかった!!?」」
「良太!?頼むね!!?」
と言って、
慶子が後ろのドアを開けて乗り込もうとした時に、
「慶子と瑞樹と換われよー!??」
と良太が言ったのです。

「なんでー??!」
と瑞樹が言うと、
「だって慶子はせっかく埋め込んであるシートベルトの金具を出して!!?」
「シートベルトするんじゃー!??」
「助手席のシートベルトをしろよー!!??」
「瑞樹は後ろに乗ったらシートベルトしないもんなあー!??」
と良太が言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第六話 アパート 駐車場 メンズ エスカレーター エレベーター 109 パスタ

22:38  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^) 第六話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.28 (Mon)

ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^), (6の1)

     ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^), 第六話

「寒いなあー?!」
「車洗うのも楽じゃないよー!?」
そう言いながら、
休みの日の午前中に、車を洗っている良太(りょうた)でした。
洗い終え、ワックス掛けも終わり、
ワックスを拭き取っていると、携帯が鳴ったのでした。

「りょうたー!?げんきー!!??」
と瑞樹(みずき)の声でした。
「なんだよー!??」
「今ワックス拭き取ってるところだからー!??」
と良太が言うと、
「じゃあー!?もうすぐ終わるね!?。」
「頼みがあるんだけどさー!??」
「いい!!?」
と瑞樹が言ったのでした。

「なんだあー!??その”いい”って!!??」
と良太が言うと、
「いいは、いいにきまってるじゃん!??」
と瑞樹が言ったのです。

「だ、か、ら!どういう意味か聞いてんだよー!??」
と良太が言うと、
「頼みを聞いてもらってもいい?!の、”いい”じゃん!!?」
と瑞樹が言ったのでした。すると、
「まあーいいやー!?なんだよー??!」
「言ってみろ!!?」
と良太が言ったのです。

「買い物行きたいんだけどおー!??」
「帰り荷物が重たいじゃん!?」
「良太の車のトランク大きいし、ちょうどいいから!?」
「お昼おごるからさー!?ねっ!!?」
と瑞樹が言うと、
「なにが、”ねっ”だよー!?」
「わかったよー!?」
「30分ぐらいしたらそっちに行くからー!??」
「忘れ物ないようにしておけよー!??」
「じゃあーなっ!!?」
と言うと良太は、携帯を切ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 ドライブは誰といっしょに(^◇^)第六話 ワックス掛け 携帯 ジャージ スニーカー ルームミラー シートベルト 1万円札

22:33  |  ブログ小説 ドライブは誰といっしょに (^◇^) 第六話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.27 (Sun)

ブログ小説 携帯によろしく (9の11)

店に残った一平と和樹は、
座敷に戻りまた飲み直したのです。
「先輩!?あしたデートですかねえー!??」
と和樹が言うと、
「そうかもしれないなあー??!」
「絵里ちゃんをだしに使って早く帰ろうとしてたもんなあー??!」
と一平が言ったのでした。

「でしょう?!!」
「絵里ちゃんがうちに連絡したからって言ってるのに!?」
と和樹がいうと、
「いいじゃないか!!?」
「相手がいるんだから!??」
とニコニコしながら一平が言ったのです。

「お前は誰か彼女はいないのかよー??!」
と一平が言うと、
「俺は携帯でチュッチュする相手はいませんよー!??」
「一平さんはいいですねえー!??」
「会えないときはテレビ電話でキスしてるそうですから!!?」
と言って和樹が、一平を冷やかしたのでした。

「先輩かあー!?言ったのは!??」
と一平が言うと、
「そうですよー!?」
「みんな知ってますよー!??」
と和樹が言ったのです。
「なんだあー!?みんな知ってるのかあー?!!」
と少し照れて言ったあと、
「じゃあー!?白石さんの話のことも知ってるのかぁ?!」
と一平が和樹に訊いたのでした。

「なんですかあー??白石さんの話って!!?」
と和樹が言うと、
「いやー!?知らなければ別に、それはそれでいいんだ!??」
「知り合いのうちの話さ!??」
と一平はごまかして言ったあと、
「ところで絵里ちゃんは好きなタイプかあー??!」
と和樹に訊いたのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 テレビ電話 座敷 デート 花束 見舞い 電車 スーパー ベッド

22:31  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.26 (Sat)

ブログ小説 携帯によろしく (9の10)

三人は店に入ってくると、
泰三と絵里が座っていた座敷に向ったのでした。
「お待たせー!??」
と笑いながら泰三が言うと、
「ずいぶんとかかったんですねえー!??」
「おおー!?和樹じゃあーねえかあー!??」
「お、つ、か、れ、さん!!?」
と酔った口調で一平が言ったのでした。

「いいごきげんですねえー!??」
と和樹がニコニコして言うと、
「君たちが遅いんでね!?」
「ちょっと飲み過ぎちまった!!?」
と一平が言ったのです。

そしてすぐに三人は座ると、注文をしたのです。
それから四人で飲み始めたのでした。
「とりあえず乾杯!?」
と泰三が言ってグラスを上げると、
みんな一斉にグラスを上げ、
「かんぱーい!!!」
と言ったのです。

「わりーねえー!!?」
「絵里ちゃんが残していった梅割り飲んじゃったから!?」
と一平は言うと頭をちょこんと下げたのです。
「いいんですよー!?一平さん!!?」
「待たしてしまってすいませんでした!?。」
と絵里が言ったのでした。

梅割りだけに割りーねー!??」
と一平が言うと、
梅割りだけにシャレが梅ねー!??なんちゃって!!?」
と泰三がうれしそうに言ったのです。
「あいかわらず飲むとダジャレになっちゃうんですねー!??」
「ふたりとも!!?」
と和樹が笑いながら言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 梅割り ダジャレ 門限 座敷 勘定書き 財布

22:32  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.26 (Sat)

ブログランキングのシール(バナー)・・・

最近ブログランキングのシール(バナー)を貼ってある方が、
以前より多くなったと感じています。
しかしブログに貼ってあるのはいいのですが、
クリックしなければならないので、
毎日はわたしは訪問できないので、少し困ります。
と言う私もFC2ブログランキングのシールを貼っています。
一人1日1回クリック有効です。


最近では最初にブログランキングのシールを探してしまいます。
最初のページの上のほうに貼ってあればすぐにわかるんですが、
たまにページの下のほうに貼っている方がいますので、
一応全部最初のページだけは見るようにしています。

一番困るのはいくつも違うブログランキングに登録してあって、
ぺたぺたとシールが貼ってある方がいます。
多くの人に読んでもらうためだとは思いますが、
そういう方には悪いのですが、
私はクリックするのは2個までと決めています。
ほとんどが土日にまとめ読みするので、
訪問サイトが多いのでそうしています。
きりがなくなり時間も累積するからです。

あとできればですが、設定のタグにtarget="_blank"
を追加してほしいのです。
W3Cという機関では推奨していないのですが・・・。
そうすれば、別ウインドウで表示します。
いちいちブラウザの戻るボタンを押さなくて済みますからね!。

ブラウザ左下のステータスバーに、
 表示されました。
のメッセージが出たとたんに、
X ボタン
でウインドウを消せば済みますから、
そういう方はたぶん(あくまでわたしの推測ですが)
一度に数多くのブログサイトを訪問したことがないのではと思います。

ブログランキングを貼ってあるサイトを、
1日に30サイト以上訪問すれば、
わたしの考えが少しはわかってもらえると思います。
ブログランキングのシールをクリックをしない人には、
関係ありませんけど。

最近ではいちいちコメントに書くのも面倒なのと、
記事についてのコメント以外を嫌う方がいるので書きません。
ブログランキングのソース(タグ?)はこんな感じです。
簡単に書くと、わたしの場合
<a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=88803" target="_blank">
id=88803"のすぐあとに半角のスペースが入いります。↑ここ

別ウィンドウの表示にしていない方(戻るボタン使用)は、
<a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=88803">

左利きの方と、
わたしのブログは、
W3Cに準拠しているので、書かないという方もいるかもしれませんが・・・
あと文字リンクで表示している方がたまにいますが、
うっかりしてクリックしないことがあります。
それから1ヶ月以上記事を更新していないサイトの、
ブログランキングシールのクイックは意味ないと思うんですけど。


ちょっとしたお願いと話として聞いてもらえばと思います。
ではきょうはこれで。

   m(_ _)m

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

タグ : ブログランキング

09:53  |  日記>お知らせとお願い  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.25 (Fri)

ブログ小説 携帯によろしく (9の9)

「悪いなあー!??絵里ちゃん!?」
「助かるよー!?」
「じゃあー一平!?ここで留守番しててくれよー!??」
「あいつも連れてくるから!??」
と言って泰三は、靴をはいたのでした。

「おやじさん!?」
「ちょっと用事で席はずすけど!?」
「3・40分(さんしじゅっぷん)もすれば戻ってくるから!!?」
と泰三が言うと、
「なんだねえー!??どこかにしけ込むのかね??!」
とニヤニヤしながら店の主人が言ったのでした。

「違う違うー!??残業のチェック!!?」
と泰三は言うと、急いで絵里と店を出たのです。
泰三と絵里は、会社の守衛所がある入り口のほうに来たのです。
「こんばんは!?」
「二宮泰三ですけど!?残業のチェックに来ました!!?」
「電話で連絡が入ってるはずですけど!??」
と泰三が言うと、
「はい聞いていますが!?そちらの方は??!」
ガードマンが訊いたのです。

「派遣会社から事務員として来ている子なんですが!??」
「手伝ってくれると言うので、いっしょに来たんですけど!?」
「いっしょには、入れないんですか??!」
「ひとりでは遅くなって、9時を過ぎてしまうので!?」(えっホント??)
と泰三が言うと、
「ちょっと待ってください!!?」
ガードマンが言って、奥の事務室に入って行ったのでした。

しばらくして、奥から戻ってくると、
「わかりました!」
「わたしがいっしょにそちらの部まで行きますので!?」
「チェック作業が終わるまで、いっしょにいますけど!!?」
「それでよければ!?」
ガードマンが言ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 守衛所 ガードマン エレベーター タイムカード 図面 フルネーム

22:30  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.24 (Thu)

ブログ小説 携帯によろしく (9の8)

「お疲れさんでした!!?」
と三人に向って和樹が言うと、
「お疲れさん!!?」
「じゃあー7時になっ!??」
と泰三が答え、
「がんばれよー!?」
「がんばってくださいね!?」
と一平と絵里が続けて言ったのでした。

三人はそれからいつも寄る店に行ったのです。
店は満杯でしたが常連客が席を詰めてくれ、
何とか座敷に三人は座れたのでした。

「定時で終わってすぐ来ればよかったけどなあー!?」
「もう6時近くじゃあー!??」
と泰三が言うと、
「でもっよかったですね!??」
「座れて!!?」
とうれしそうに一平が、言ったのです。

「絵里ちゃんここは何度目!??」
と一平が訊くと、
「えーとー?!3度目ですかねー!??」
と絵里は答えたのでした。
すると注文してあった、
ビール2本と梅割りとモツの煮込みが三つ来たのでした。

すぐに絵里が、ビール瓶を持ったのです。
「お疲れ様でした!?」
と言って、ふたりのグラスにビールを注いだのでした。
するとすぐに泰三がビール瓶を持って、
「先にとりあえず乾杯しようかあー!??」
と言って、
絵里の前に置いてあるグラスにビールを注いだのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 常連客 ビール瓶 梅割り 伝票 携帯

22:30  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.23 (Wed)

ブログ小説 携帯によろしく (9の7)

瞬く間(またたくま)に泰三の机の上は図面でいっぱいになったのです。
それから泰三と絵里は汗をかきながら、
処理していったのです。
五時少し前には、ほとんどの処理を終えたのでした。
「絵里ちゃんご苦労さん!?」
「帰りに一杯付き合わない!??」
「安いところで悪いけど!??」
と泰三が言ったのです。

「はい!ありがとうございます!?。」
「あのー!?山田さんは??!」
と絵里が言うと、
「和樹かあー!??」
「アイツだけ残業だけど!!?」
と言うと泰三は、山田和樹のところへ行ったのでした。

「かずきー!??」
「どうだあー??!あとどれぐらいかかる?!」
と泰三が言うと、
「やっぱあー!?あと2時間ぐらいはかかると思います!?」
と答えた和樹でした。

食堂でメシ食ってからやったじゃあー!?」
「ファックス送るまでじゃあー!?八時過ぎちまうなあー!?」
「7時になったら携帯に電話をよこせ!!?」
「俺は確認しなきゃならねえからよー!??」
と泰三が言ったのでした。

「すいませーん!!??」
と和樹は言うと、ちょこんと頭を下げたのです。
それから泰三は自分の机に戻ると、
「絵里ちゃん!?OK!!?」
と絵里に向って言ったのでした。

「何がですか??!」
と絵里が言うと、
「とにかくアイツのことは気にしなくていいから!?」
「さーて!?守衛所に連絡するかなー!??」
と言うと、内線で電話をかけたのです。
連絡を終えるとすぐに、定時のBGMが流れたのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 図面 残業 携帯 食堂 ロッカールーム 応接室

22:36  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.22 (Tue)

ブログ小説 携帯によろしく (9の6)

一平は風呂から出ると、
洗濯機から洗濯した物を出し、風呂場に干すと、
風呂場の乾燥機のタイマーをセットして、
パソコンの部屋に戻って来たのでした。

パソコンのモニターには、
Windowsロゴが泳いでいたのです。
「いっけねえー?!パソコンを消すのを忘れてたあー!??」
と一平は言うと、パソコンの電源を切ったのでした。
それが済むと戸締りをし、
ベッドに入ると、すぐに寝てしまったのです。

朝、携帯の曲で目覚めると、
いつものように顔を洗い歯を磨き、
洗濯物を取り込み部屋のタンスにしまうと、
ご飯に卵をかけ、醤油をたらし、
味付け海苔と、インスタント味噌汁で、
朝食を済ませたのでした。

「きょう一日行けばー!?」
「休みかあー!??」
とうれしそうに言いながら、洗い物を済ませたのです。
それからいつものようにスーツに着替えると、
戸締りを確かめ、玄関に鍵をかけ、
部屋をあとにしたのでした。

階段で一階まで降りたのです。
そして歩いて高田馬場の駅まで行き、電車に乗り、
会社の近くの駅で降りたのでした。
そしていつものように会社まで歩いて行き、
エレベーターで担当の部に着くと、
タイムカードをうったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 パソコン Windows ロゴ ファックス 図面 下請け 工場

22:27  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.21 (Mon)

ブログ小説 携帯によろしく (9の5)

「じゃあー!?」
と言って一平は手を横に振ったのです。すると、
「一平さんもっと顔を近づけて!??」
と小百合が言ったのです。
その時隣のマンションから人が自転車に乗って、
一平たちのほうに近づいて来たのでした。

一平は一歩前に出て車のすぐそばに寄ったのです。
自転車の人が一平と小百合のほうを見ながら、
鼻歌を歌いながら近づいて来たのです。
小百合は少し緊張した顔で、
「では!?土曜日に!?」
と言って会釈をしたのでした。

一方一平は、
ちょうど背中の方向から自転車が来て鼻歌が聞こえたので、
気になって振り向いたのです。
ちょうど通り過ぎるときに、
「♪好きよー、あなたー」
と歌うのが聞こえたのでした。

そして二人は、その自転車をやり過ごしたのでした。
そして顔を見合わせ、小さな声で笑ったのでした。
ふたりはいっしょに自転車が行く方向を見たのでした。
それから鼻歌が聞こえなくなるまでそこにいたのです。

「びっくりしたね!?」
と一平が言うと、
「ええ!?」と言って、小百合が笑ったのでした。
「じゃあー!?気をつけて!?」
と一平が言うと、
「では土曜日にお電話差し上げますから?!」
と小百合は言い会釈をすると、
ウインカーを出し、車を発進させたのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 自転車 鼻歌 マンション 画面 携帯 洗濯機 風呂

22:57  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.20 (Sun)

ブログ小説 携帯によろしく (9の4)

「お父さま!?このあとお風呂になさいます?!」
と小百合が言うと、
「わたしのことはいいから!?」
「一平君を送って行ってやりなさい!!?」
と大が言ったのです。

「わかりましたわ!?」
「では一平さん!?まいりましょう!??」
と小百合が言うと、
「ご馳走になりました!。」
「奥様によろしくお伝えください!?」
「では失礼いたします!。」
と言って大にお辞儀をしたのです。

急いでカバンを持って、
小百合のあとを追いかけて玄関に向かったのでした。
ふたりは玄関を出ると、駐車場に向ったのです。
駐車場に着くとふたりは、車に乗り込んだのでした。

小百合はシャッターが上がり始めると、
エンジンをかけたのです。
「小百合さん!?シートベルトしましたから!?」
と言って一平は、小百合のほうを向いたのです。

1mほど上がるとシャッターが止まったのでした。
小百合がリモコンのスイッチで、止めたのです。
「じつは一平さん!?」
「今度お見合いすることになったのです!」
と言って一平のほうを向き、
目に涙をため小百合がそう言ったのでした。

「一平さんと初めてお会いする前に!?」
「もうそのことは、決まっていたことなのですけれど!?」
「言い出せなくって!!??」
と言うと、涙があふれ出てきたのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 駐車場 シャッター シートベルト マンション お見舞い

23:50  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.19 (Sat)

ブログ小説 携帯によろしく (9の3)

ニコニコしながら、
「お父さま!?おご飯召し上がります??!」
と小百合が言うと、
「そうだなあー??!」
「少し食べるかあー??!」
「おかずはなんだね?!」
と大が言い、
ヒレカツですけどー?!」
と小百合が答えたのでした。

ヒレカツ?!。そういうのじゃなくて!?」
「あっさりしたのがいいなあー??!」
と大が言うと、
「そういえば、辛子明太子がありますけど!??」
と小百合が言ったのです。

「それがいい!!一平君も食べるだろう??!」
「若いんだから?!」
と大が言うと、
お茶漬けなら、なんとか食べれると思います!!?」
と言い、残ってるワインを飲み干した一平でした。

「じゃあー!?そうしよう!??」
「小百合!?ご飯の上に明太子をのせ!?」
「刻み海苔をのせて、お茶をかけて持って来てくれないか?!」
と大が言うと、
「わかりましたわ!?おやじさん!!?」
と笑いながら小百合が言ったのです。
思わず大と一平は顔を見合わせると、
「わっ!はっはっ!!」と、大笑いしたのでした。

それからすぐに小百合は、台所に向ったのです。
一平は立ち上がると大に、
「ちょっと失礼します!。」
と言って、会釈をして食堂を出たのでした。
そして廊下に出ると、ラジオ体操を始めたのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 ヒレカツ お茶漬け ワイン 辛子明太子 海苔 ラジオ体操 茶碗

22:35  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.18 (Fri)

ブログ小説 携帯によろしく (9の2)

「では!?わたくしは薬を飲まなければなりませんから!?」
「あなた!?あまり飲み過ぎないでくださいね!?。」
「じゃあー!?一平さん、小百合!?」
「あとはお願いします!!?」
そう菊枝は言うと、食堂を出て行ったのでした。

「はい!」と一平は答え、
「わかりましたわ!?」
と小百合は言ったのでした。

大は菊枝の後姿を目で追ったのです。
姿が消えると、一口ワインを飲んだのです。
「うるさいのがいなくなったことだし!?」
「一平君!小百合!?とりあえず乾杯!!?」
と大は言うと、グラスを上に上げたのでした。

「かんぱーい!!?」
と一平が言うと、すぐに小百合も
「かんぱーい!!?」
と言ってグラスを上に上げたのでした。
三人は、それぞれの飲み物を飲んだのです。

一平は体操したとはいえ、
まだかなりおなかが苦しかったのでした。
一平はワインを大のグラスに注ぎながら、
「すいませんが!?」
「いつもはなんてお呼びすればよいのでしょうか?!」
と訊いたのです。

「君がわたしのことを??!」
と大が言うと、
「はい!小百合さんのお母さまは!?」
「おばさまと呼んでもよいと言ってくれましたが!?」
「小百合さんのお父さま!?のことは!?」
「普段、なんとお呼びすればよいのかわからなくて!??」
と一平は言うと、ワインの瓶をテーブルに置いたのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 食堂 ワイン 乾杯 重役 グラス

22:31  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.17 (Thu)

ブログ小説 携帯によろしく (9の1)

初めての方へ
ブログ小説 携帯によろしく は、第一章から第八章まで書きました。
第九章はその続きですので、第八章以前を読まれてない方は、
手作りホームページ
ちょこっとブログ小説

にて掲載してありますので、ぜひお読みください。
小説の流れ上(じょう)、やや過激な表現がありますが、
ご理解のほどをよろしくお願いいたします。m(_ _)m  

        ブログ小説 携帯によろしく 第九章

「あなた!?」
「一平さんが晩酌(ばんしゃく)のお相手をしてくれるそうですよ!?」
「食べたばかりなので、おなかを減らせるために!」
体操までやってくれてましたわ!!?」
と少し笑いながら、菊枝が言ったのです。
「そうかあー!??」
体操までなあー?!」
と少しうなずいて、大(まさる)が言ったのでした。

菊枝は急いで台所へ行ったのです。
冷蔵庫を開けキャビア生ハムを取り出し、
しゃれた皿に盛り、それを持って来て、
一平が座る席のテーブルの上に出したのでした。

「お父さまは、どのようなお酒を飲まれますか?!」
と一平が言うと、
「いつもはブランデーが多いんですけど!?」
「銘柄(めいがら)はちょっとわかりませんわ?!」
「でも!?お酒は強いと思います!。」
と小百合は言ったのです。

「俺は!。いいえ!わたしはそれほど強くありませんから!?」
「どこまで付き合えるかわかりませんけど!?」
「適当なところで小百合さんが止めてくださいね!!?」
と一平が言うと、
「わかりましたわ!?」
「わたくしが一平さんをお送りしますから!?」
「父のお相手をよろしくお願いいたします!。」
と言って小百合は、一平に会釈したのでした。

それからふたりは、大がいる食堂に来たのです。
「一平さん!?そこにお座りになってくださいね!?」
「ナツさんが帰ってしまったので!?」
「そんなものしかなくて悪いんだけど!?」
「おつまみにして、食べてくださいねっ!?」
と菊枝が言ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 携帯によろしく第九章 ワイン キャビア 生ハム ブランデー ワイングラス 体操 ジュース

22:58  |  ブログ小説 携帯によろしく 第九章  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.16 (Wed)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (11)

一方、男どもの部屋では、
「義雄!?俺のぐい飲みは!??」
と義久が言うと、
座卓の上にあったのを持って来たんだけど!??」
と、義雄が言ったのでした。
「これはお前たちが使うヤツだあー!!?」
「おばあさん!?ボケてきたなあー??!」
「俺専用のがあるんだ!!?」
と言うと立ち上がり、座卓のある部屋に歩いて行ったのです。

「おばあさん!?俺のぐい飲みは?!」
と部屋に入ると、いきなり義久が言ったのでした。
「出てませんでしたかー?!」
と言うと和子が、座卓の上を見たのです。

「そこにありますよー!!?」
と指さすと、
「なんだあー!??義雄が違うのを持って来ただけかあー!??」
「素人(しろうと)は困るなあー!??」
と言って、すぐにぐい飲みを持つと、
部屋に戻って行った義久でした。

「お父さん!?シロウトだってさあー!??」
と笑いながら美加が言ったのです。
「よくおじいさんは!?」
「シロウトだー!?しろうとだあー!?って言うけど!??」
「玄人(くろうと)だあー!?っていうの聞いた事ないのよー!??」
「何を基準にしてるんだかねっ!!??」
と笑いながら和子が、そう言ったのでした。

義久が部屋に戻ると、
「おじいちゃん!?急にどこ行っちゃったかと思ったよー??!」
と修二が、義久に言ったのです。

「わりーわりー!!??」
「勝負はついたかあー??!」
と義久が言うと、
「うん!今度、亮おじさんが親!!?」
と修二が言ったのでした。
親の亮が、札(ふだ)を配ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 ダジャレ 蚊帳 絵札 花札 仏壇 座卓

22:27  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.15 (Tue)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (10)

「おかしいわねえー?!」
「急にくしゃみが出るなんてー!??」
「誰かうわさでもしてるのかしら??!」
と美加が言ったのです。

向こうの部屋で大笑いしているのが聞こえたので、
「きっとあのふたりじゃないの??!」
「和雄と修二!!?」
と、少し笑いながら、
美津子がそう言ったのでした。(正解!!)

「まったくー!?人が親切にお父さんと代わってやったのにー!!?」
「もうやってやらないから!!??」
と美加が、ふくれっ面をして言ったのです。
正月早々!美加も怒らないで!?」
機嫌(きげん)を直して!楽しくやりましょ!?。」
と和子が、ニコニコしながら言ったのでした。

「そーよー!?こんなにごちそうがあるんだから!?」
「おいしいものを食べれば!?」
「気持ちもうれしくなるものよー!??」
「みんなで食べましょ!?」
と美津子が、うれしそうに言ったのです。

「そうそう!?いつものカニだけど!??」
「瑞枝(みずえ)さんには、冷凍のままのを持たせたけどー!?」
「今年は去年より少し値段が高かったから!?」
「4Lから3Lに小さくしたけど!!?」
「身のほうはしっかり入ってるかしらねえー!??」
「少し心配だけど!!??」
と和子が言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 冷凍 カニ 元旦 正月 機嫌 市場

22:32  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.14 (Mon)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (9)

「おふくろー!?燗つける容器は?!」
と義雄が言うと、
「そこのパタンの中に、コードも一緒に入ってるから!?」
「下の開き戸の中に、白鶴が入ってるから!?」
「義雄!ご苦労さん!!?。」
とうれしそうに和子が言ったのでした。

「忙しいって!??美津子!!」
「広告のビラとテレビと両方見てるから忙しいのかあー?!!」
とあきれたように義雄が言うと、
「そうですよー!!?」
「ほんとに!急がしいったらありゃしないいわー!!??」
と、広告を見たりテレビを見たりしながら、
そう答えた美津子でした。

「なんか”つまみ”あるかあー??!」
と義雄が言うと、
「ここにいっぱい!運んで来たでしょー!!?」
「ほとんど手をつけないでえー!!?」
と少し怒ったように、美津子が言ったのでした。

「今から貰うからな!?」
「このお盆借りてくぞー!!?」
「正月なのにお盆!!?」
「なんちゃって!!?」
と言うと、思わず美津子が、
「まったくー!?くだらない!!??」
と言って、笑ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話

22:30  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.13 (Sun)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (8)

「しっぴん(四・一)じゃあーなあー??!」
「一番弱いピン役じゃないかあー!?」
「降りて正解だな!!?」
と義久が言ったのです。すると、
「”とっと”が出たかと思ったよー!!?」
「修二が今ついてるからさあー?!!」
と義雄が言ったのでした。

祝儀として”とっと”はひとりから10本づつ、マッチ棒がもらえ、
”揃い札”(九・九から一・一)で勝つと、ひとりから3本づつ、
マッチ棒がもらえる規定でした。

「また修二にご祝儀やるのかあー!??」
と言って和雄が、マッチ棒を3本出したのです。
ほかの三人もすぐに、それぞれが、
「まったくつえーなあー?!」
「やられたなあー!??」
「およよ!!?」
と言いながら、マッチ棒を3本出したのでした。

「実力!実力!!」
「ごっつあんです!!。」
と言ってもらった修二でした。

「修二!お前もう!?”とっと”分以上稼いだろー??!」
「揃い札で勝ってるからなあー!?」
と亮が言うと、
「そうだなあー!??」
「そのぐらいは稼いでるよー!?」
と義久が言ったのでした。

「いえいえ!?ツキは水物ですからねえー!!?」
「いつ、つかなくなるかわかりませんからあー!!?」
とうれしそうに修二は、言ったのでした。
「なーに!?もうすぐ札替(ふだが)えの時間だから!??」
「替えたらまたツキは変わるさあー!??」
と義雄が言ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 祝儀 座布団 熱燗 ツキ 梅割り 絵札

22:50  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (7)

男どもがとっと(十・十)で盛り上がっているときに、
台所では仏壇の水入れで盛り上がっていました。

「だけどおー!?」
仏壇の水入れの容器を、わざわざ替えて喜ぶ人がいるかしら!??」
と美津子が言うと、
「ほんとよねえー!??」
「何も取られたものがないで!?」
「それだけが替わっているなんて!!??」
「ふつうの人はしないわよー!??」
「ボケた人か!?」
「お父さんがよく言う!!?」
「テレパシーの声に操られた人間しかいないわよー!!?」
と美加が笑いながら言ったのです。

「おじいさんが出歩いていたときに!?」
「誰かボケた人が、うちに上がりこんで、替えたのかしらねえー??!」
と和子が笑いながら言ったのです。
「意外と犯人はおじいちゃんだったりして!!?」
と美加が笑いながら言うと、
「そうかも!?」
「ほんとにトボケたことを言うときがあるから!!?」
「可能性あるわよー!!?」
と和子がうれしそうに言ったのでした。

「まさか!?修二じゃあーないわよねえー!??」
と美津子が言うと、
「しゅうじー!??」
「まさかあー!?」
「いくらいたずら好きでも、仏壇の水入れを替えるなんて!!?」
「しないわよー!?」
と美加が笑いながら言ったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 とっと 座布団 仏壇 銀色 テレビ

23:52  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

リンク表示の報告とお知らせ(1)

リンク表示の報告
12月の初め頃から訪問履歴のある方を、
リンク表示して、だいたい1ヶ月が過ぎました。
皆さんご理解のある方々が多く、
約130サイトほどリンク表示しましたが、(1月5日まで)
そのうち、3サイトの方がリンク表示の削除を、、
マル秘コメントにて希望してきました。

すぐに対応できたサイトも有りましたが、
忙しく、すぐには対応できないサイトも有りました。
一時コメントの書き込みができなかったときもありましたが、
リンク表示を削除したら、
すぐにコメントの書き込みを解除してくれました。
事情があったとはいえ、大変申しわけありませんでした。
適切なる対応に感謝いたします。

1つのサイトだけは、
リンク表示を削除しても、表示拒否されたままでしたので、
リンク表示を削除したことをお伝えできないので、
リンク表示の認識の違いとはいえ、
わたしの意にはそぐわなかったのですが、
訪問履歴も削除しました。
残念ですが、もうその方とはこれっきりということになりました。

リンク表示削除を希望されたサイトの方は、
マル秘コメントで履歴が残っていますので、
こちらからはコメントは書きませんが、
訪問することもあるかと思いますので、
表示拒否だけはしないよう、よろしくお願いいたします。


1つの表示拒否サイトと3つのサイトを除き、
ほぼリンク表示を許可していただき大変感謝しています。
一応1月5日にはリンク表示しているサイトを訪問しましたが、
事情があり行けなかったサイトもありましたので、
リンク表示についての文章が重複するかもしれませんので、
ご了承願いたいと思います。

約130サイトリンク表示したわけですが、
1割ぐらいは削除希望がでるかと思っていました。
しかし4サイトと予想より少なかったので一安心しています。
1月5日(訪問した時間)までに記事が書いてなかったサイトと、
最初のところにCMが貼られてたサイトは、
すぐに次のサイトに移動しましたので、
その点は、ご了解いただきたいと思います。

********************   ******************
*** お知らせ ***
最初の記事のお知らせとお願いのところのリンク表示の文章で、、
なお通常表示できないブログの方は削除いたします。m(_ _)m
と書きましたのは、
以前交流のあった方が3サイトありました。
同時期に3サイトとも何度アクセスしても、
ページが見つかりません!。表示になってしまいましたので、

そう書かせてもらい削除いたしました。

共通の事として、
YouTubeをたくさん貼っていた。
YouTubeに、This video is no longer available と、
表示されていたものが多くあった。
先週訪問したときは通常につながったのに、
今週訪問したら、
ページが見つかりません!。表示になっていた。
ということなので、
もし本人が自主的に、違うブログに移動したならよいのですが、
でなければ、著作権的にやばい動画を警告を無視して貼っているという理由で、
抹消されたのかもしれません。
これはあくまでわたしの推測ですが・・・。

ですので、もしわたしのブログと交流があった方が、
また別のサイトで新しいブログを立ち上げていたら、
ぜひコメントを書いていただきたいと思います。
マル秘コメントでも結構です。

FC2ブログの方は訪問履歴に載りますが、
他のブログの方は訪問履歴には載りませんので、
コメントを書いていただかなければ、
訪問しているのかどうかわかりませんので、
心当たりの方は、よろしくお願いいたします。

*** お願い *** 

リンク表示削除を希望する方には、
意見やポリシーがあるとは思いますが、
表示拒否や、コメント拒否はなさらずに、
マル秘コメントにて、お申し出ください。

マル秘コメントにて、なるべく早く、
リンク表示削除したことの通知を書きますので、
ぜひ、その点よろしくお願いいたします。

***              *** 

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

09:00  |  日記>お知らせとお願い  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.11 (Fri)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (6)

「ここなら広いから、疲れたら寝そべってできるからなあー!?」
と義久が言うと、
「そうだねえー!?」
「おじいちゃんやる気満々だねっ!!?」
と修二が、うれしそうに言ったのでした。

小さい座布団を部屋の真ん中に置き、
その周りに持ってきた5つの座布団を置いたのです。
「俺が台所に行って、呼んで来るから!?」
と言うと和夫は台所に向ったのでした。
修二はそのあいだに、チップマッチ棒を、
みんなのところに配ったのです。

ちょうど義雄と亮が、座卓のある部屋には入ろうとしていたので、
「お父さん!おじさん!??」
「こっちの部屋だよー!??」
と二人に向かって、和雄が言ったのでした。
「やっぱり!?そっちの部屋でやるのかあー!??」
と義雄は言うと、すぐに三人がいる部屋に来たのでした。
男全員集まったのです。

「じゃあー!?」
「いつものように、1時間で札(ふだ)を交代するからねっ!?」
「場所決めはいつも通り右回り(時計回り)で!」
「大きい札を引いた順で席決めだから!?」
「じゃあー!年の順で!!おじいちゃんから!?」
と言って、修二が仕切ったのです。

「いつも通り、チップは1枚でマッチ棒10本分だからね!?」
「お金は小さい座布団の下に入れてよー!!?」
と修二が言ったのでした。
そして全員が、座布団の下にお金を入れたのでした。
「確認するから!?」
そう修二は言うと、お金を数えたのです。
数え終わるとその上に座布団を置いたのでした。
「じゃあー!?はい!!」
と修二は言うと、花札を座布団の上に置いたのです。

義久がすぐに札をめくったのです。「菖蒲(しょうぶ)だ!」
次に義雄がめくりました。「牡丹(ぼたん)だ!」
そのあとは亮です。「坊主(ぼうず)だ!」
そして、和雄がめくったのでした。「桜(さくら)だ!」
最後に修二が「よーし!紅葉(もみじ)だあー!!?」
と言って、修二が親で始まったのです。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 座卓 チップ 花札 マッチ棒

22:49  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.10 (Thu)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (5)

しばらくみんなで話しをした後(あと)、
「ところでさあー!?」
仏壇の中にある水入れる容器だけど!??」
「替えたあー??!」
と亮が義久に言うと、
「そういえばおばあさんが!?」
「なんか言ってたなあー??!」
と、義久が言ったのです。

すると亮が立ち上がり、
台所へ歩いて行ったのでした。
台所に入ると、
「お袋さあー??!」
仏壇の中の水入れる容器だけど!??」
「替えたあー??!」
と亮が言ったのです。

「そうそう!??」
「あんたたちが来たら、訊こうと思ってたのよー?!」
「二人のどちらかが、替えたのかと思ったのよー??!」
「違うの??!」
と、和子が言ったのです。

「なんで俺たちが!?」
仏壇の水入れの容器を変えなきゃならないんだよー??!」
と笑いながら亮が言ったのでした。
そして大きな声で、
「兄さん!?ちょっと来てー!??」
と、言ったのです。

「なんだ亮!??」
そう言うと、義雄が台所に来たのでした。
「兄さん!?仏壇の水入れる容器替えたあー??!」
と亮が言うと、
「ええー??!」
「美津子!替えたかあー?!」
不思議そうに義雄が言ったのです。 

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 仏壇 台所 不思議 銀色 座卓

22:50  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.09 (Wed)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (4)

「ああー!?これのが、らくー!!??」
と和子がうれしそうに言ったのです。
「おばあちゃん!?電気ストーブに替えたんだあー??!」
と美加が言うと、
病院で、灯油のストーブはよくないって聞いたんで!?」
電気ストーブに替えたんだよー!??」
「灯油のほうがすぐ暖まるし、安くつくけどね!?」
とニコニコしながらそう言ったのでした。

「健康のほうが大事だから!?」
「そのほうがいいよー!?」
と美加が言ったのです。すると、
「そうだね!?また倒れてみんなに心配かけちゃあー!?」
「悪いからねっ!?」
と和子が言ったのでした。

すぐに美津子が台所に戻って来たのです。
「おかあさん!?したくは済みましたから!?」
「まだ何か用事でもあるんですか?!」
「またこっちに戻って来ましたけどー??!」
と美津子が言うと、
「美津子さん違うのよー!?」
「ひざが痛いんで!イスのが楽なのよー!?」
と、和子が言ったのでした。

「そうなんですか?!」
病院では、なんて言ってるんですか??!」
と美津子が訊くと、
「年だし、どうしても女の人は多いんですって!!?」
「薬は一応飲んでるけどねっ!?」
と和子は答えたのでした。

「じゃあーなんかあったら、遠慮せず言ってくださいねっ!?」
「すぐ来ますから!?」
と美津子が言うと、
「ありがとう!?」
「動けるうちは、わたしたち夫婦だけで暮らすって言ったけど!?」
「もし動けなくなったら頼むわねっ!?」
と和子が笑いながら、言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 病院 台所 電気ストーブ 仏壇 受験 挨拶 お年玉

23:38  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.08 (Tue)

ブログ小説 妙なこと 第十二話 (3)

すぐに三人が来たのです。
「まったく!!ふたりとも気が利かないんだからなあー??!」
と義雄が言うと、
「ほんと!!誰に似たんでしょうねえー??!」
と、美津子が笑いながら言ったのです。
「オヤジかなあー??!」
と、とぼけてそう言った義雄でした。

玄関を入り、
「おめでとう!」
と義雄が大きな声で言ったのです。
奥から和子が出て来て、
「おめでとう!」
と言うと、
「おめでとうございます。今年もよろしくお願いします!」
お辞儀をして言ったあと、
「これ!?お年始のいつものですけど!?」
と美津子が言って、紙に包んだ年賀の品を渡したのでした。

「いつも悪いねえー!?助かるわ!?」
「ありがとう!」
と言ってうれしそうに和子は、それを受け取ったのでした。

「おばあちゃんおめでとう!!?」
「よかったね元気になって!!?」
と美加がうれしそうに言うと、
「ありがとう!」
「さあーみんな上がって!!?」
と和子が言ったのでした。

「和雄!修二!?」
「こっちへ来い!!?」
そう言って、仏壇がおいてある部屋から
義雄が言ったのでした。
ふたりはすぐに来て正座をしたのでした。
そしてみんなで仏壇に手を合わせたのです。


お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 年賀 年始 仏壇 電話 灯油ストーブ 電気ストーブ

22:50  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.07 (Mon)

ブログ小説 妙なこと第十二話 (2)

「おじいちゃんもおばあちゃんも元気かなあー!?」
「俺は久しぶりに会うから!?」
と和雄が言うと、
「デートする時間はあっても!?」
「おじいちゃんちへは顔出さないんだから!!?」
と修二がえらそうに言ったのでした。

「お前は顔を出してるのかあー??!」
と和雄が言うと、
「俺は出してるに決まってるだろー!?」
「お兄ちゃんと違うよー!!?」
と修二がうれしそうに言ったのです。

「何言ってんのよー!??」
「また修二のやつが来て、小遣(こづか)いをやった!!?」
「そうおじいちゃんが言ってたわよー!??」
と美加が言ったのです。

「なんだあー??!」
「修二は顔を出してるんじゃなくて!?」
「小遣いをせびりにいってんじゃんかよー!!?」
「ていのいい、かつ上げじゃんかあー!??」
と笑いながら和雄が言うと、
「人聞きの悪い、言い方しなくたっていいじゃん!!?」
とふくれっ面で、修二が言ったのです。

「でも修二が時々行ってるから!?」
「元気なのがわかっていいけどなあー!?」
「年金暮らしでそんなに金が有るわけじゃないだけど!?」
「まあー!?今のところは元気だから!!?」
と義雄が話していると、美津子が玄関を出て、
車に乗り込んで来たのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 玄関 元旦 実家

23:55  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.06 (Sun)

ブログ小説 妙なこと 第十二話 (1)

正月には家族全員で父の義雄の実家へ、年始に行くのが恒例でした。
「忘れ物はないかあー!??」
「先、車を暖めておくから!?」
と言うと義雄は、玄関を出て車のエンジンをかけるとすぐに、
家の居間のコタツに戻って来たのでした。

「きょうは風が強いわあー!?」
「そんなに寒くはないけどなっ!?」
コタツで着替えている次男の修二に言ったのです。

「お前!小学校の頃からそうだったなあー!??」
「器用というか?ズボラというか?寒がりというか?」
コタツ布団から首だけ出して、着替えるのは!?」
「日本全国でもお前ぐらいしかいないだろー!??」
と感心して、そう言った義雄でした。

「お父さん!?技だよワザ!!?」
と言うと、着替えを終えて、
修二がコタツから上半身を出し、
コタツに入っているふつうの状態になったのでした。

「しゅうじー!洗濯物はぁ!??」
と言って、居間に母の美津子が来たのです。
「はいこれ!?」
と言って、着替え終えたジャージをコタツから出し、
美津子に渡したのでした。
美津子はそれを受け取ると、洗濯機がある洗面所に行ったのでした。

「何が技よー!?」
と言って、長女の美加が居間に入って来たのです。
「それって服が、グチャグチャになっちゃうじゃーないの!?」
「きれいに着れたら、技って認めてもいいけど!!?」
と美加が言ったのでした。

お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 妙なこと第十二話 コタツ 年始 ポマード 初日の出

23:55  |  ブログ小説 妙なこと 第十二話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.05 (Sat)

ブログ小説 雀 鍵 (1の11)

「俺は2万2千しかないけど!?」
「みんないくら持ってるんだあー??!」
とマツヤが言うと、
「俺は2万3千3百だ!!?」
と、ミソヤが言ったのです。
マスターが、「2万7千!?」
と言うと、
「俺は2万7千7百だあー!?」
とパゲルが言ったのでした。

「ヒットシン!?俺はいくら上がればトップになるんだあー??!」
とミソヤが言うと、
「ツモなら二千・千でいいけど!!?」
「振込みなら、ロンならそーだなあー?!」
「パゲルからなら39(サンキュー・3千九百点)でいいけど!?」
「ほかの人からなら!?えーとー??!」
「52(ごーにー・5千2百点)じゃあーなきゃだめだ!。」
「とりあえず、三役作らなきゃあー勝負できないなあー!?」
と、ヒットシンが言ったのです。

「三翻(サンハン・三役)かあー??!」
「リーチ・ドラ・ドラならもんくないなあー!??」
とミソヤが言ったのでした。
するとそれを聞いたオーラスの親のパゲルが、
「なんだあー!??」
「ドラが二個もうあるのかあー??!」
と言ったのです。

そして各自が配牌を持って来たのです。
「よーし!俺は上がり続けてやるぞー!!?」
と言ってパゲルが、最初の牌(パイ)を切ったのでした。
みんなはそれぞれ、自分がトップ取るには、
最低どのくらいの点数を上がればよいのか計算し、
手役作りを進めていったのです。

その頃一階では、雀鍵の一番下の弟が仕事を終え、
「ただいまー!!?」
と言って、玄関を入って来たのでした。
「ノン!?お帰りー!?」
「きょうは早かったねえー?!」
とカッちゃんが、玄関に出て来て言ったのです。

上がり牌(待ち牌)は何?(答えは最後に!)

1萬9萬2萬7萬2萬3萬3萬4萬5萬7萬5萬9萬5萬     上がり牌上がり牌


お知らせ
つづきを表示、をクリック(ページを切り替えるごとに)すると、
最初と同じようにプロフィールの枠に
メッセージ(3回)が流れ、BGM(1回)が流れます。
小説の中に登場する人物、団体、建物、名称、などは、すべて架空のものです。
フィクションであり、事実、資料、などに基づいて加筆したものではありません。
本文だけなら、携帯電話からでも読むことができるようです。

http://yumekeikaku.blog74.fc2.com/

【Read More】

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : ブログ小説 雀鍵第一章 配牌 雀鍵 二階 餃子 第一章

22:50  |  ブログ小説 雀 鍵 第一章  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.05 (Sat)

正月早々 お知らせとお願い!

正月のアルコールが全部抜けてないまま、
ブログ小説を書いた罰でしょうか?!
みゆき と名乗る人物が、

おお!(タイトル)

あけおめ♪
http://gabriel.s299.xrea.com/
↑コレはオススメです( ・∇・)ノ

と、
コメント欄に1月4日付けで書いてありました。
(記事は8月10日の記事のコメント欄)

わたしはブログの更新が遅れてしまうので、
メモ帳にいつものように、ブログ小説の続きを書いていましたので、
ブログ自体に接続していなく、
コメントが書いてあるのに、気が付きませんでした。

夜中の12時ちょっと前に投稿を終えたので、
やれやれと思い、もう一度ブログ小説に修正箇所がないか、
見ていたのでしたが、
少しあったのでそれを修正し終えて、
コメント欄を見るとコメントが書いてあったので、
確認したのです。

見ると以前にも、
同じようなコメントが書かれていたのを、思い出しました。
調べてみると、
去年の11月11日の日付
(記事は7月16日の記事のコメント欄)で、

さむぅー(タイトル)

これすごいよ!→http://gabriel.s299.xrea.com/

と、
さくにゃん と名乗る人物が、コメント欄に書いていたのでした。

その時は軽い気持ちで書いたのだと
わたしは思ったのだと思います。
調べてみるとさくにゃんと名乗る人物に対して、
わたしは以下のコメントを書いてあったのでした。

はじめまして。(タイトル)

さくにゃんさん。
どちらから来たのでしょうか?。
URLをクリックするたびに違うサイトに飛びますが、
どういう仕掛けでしょうか?。
ウィルスやスパイウェアの心配はありませんか?。
ここに来た方でコメントを見てクリックした方のことが、
心配です。
対処法があれば教えてください。
別にクリックしなければいいかな!!?。

わたしはきょうホームページのほうをいじっていたので、
このコメントに気がつきませんでした。
URLの安全性が確保されてなく、
さくにゃんと名乗る人物の安全性も確保されてないので、
コメントのURLはクリックしないでください。

もしクリックした方で、パソコンに不具合が生じた方は、
すぐコメントをください。
さくにゃんと名乗る人物のコメントを削除します。

こう書いてあったので、
これでもう書かないだろうと思っていたのですが、
性懲りもなく、
名前を変えてまたコメント欄に書いてあったので、

夜中だったのですが、
ホストのところや、禁止設定のところなど、
いろいろ調べていたら三時を過ぎてしまいました。
それから、コメントを書いたのでした。

ちゃんと名前を名乗り、
自分のブログやホームページの宣伝(アダルト・アフィリエイトを除く))を
コメントに書くのはかまいません。
しかし・・・
とにかく、
1月5日付け夜中のコメントに書いてある通りですので、
皆さんのご協力をお願いいたします。
m(_ _)m
追伸
みゆき・さくにゃん(アダルト)と名乗る人物へ
未成年者も訪問しているので、(アダルトサイトなどへ飛ぶので)
ウイルスやスパイウェアの可能性がなく、
ギャグとして書いたかもしれませんが、
コメント欄に書くギャグではありませんのでやめてください!

本人によるコメントの自主的削除を希望します。


ということで、
ではごきげんよう! (^◇^)/

♥ FC2ブログランキングへ ♥   (別ウインドウ表示です)


♥ FC2ブログランキングへ ♥  (同じウインドウ表示です)


応援ありがとうございまーす。  (^◇^)/

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

タグ : お知らせとお願い

10:01  |  日記>お知らせとお願い  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。